水原一平の嫁はどうなる?Uber配達員で借金返済していける?

水原一平さんと奥さま 話題

大谷翔平選手の元通訳として活躍されていた水原一平さん。

水原一平さんは26億円もの負債を返済していくためにUberEats配達員として働いており、離婚しない限りは奥さまも何らかの仕事をしていくと思われます。

そこで今回は、水原一平さんの奥さまが今後どうなるのか?を見ていきたいと思います。

水原一平の嫁はどうなる?

水原一平さんと奥さま

日米のみならず世界中を驚かせた水原一平さんですが、その奥さまナオミさんは一体どうなるのでしょうか?

考えうる選択肢は以下の通りです。

・離婚
・一緒に生活して借金を返済していく
・誰かに生活費を資金援助してもらう など

水原一平さんは、借金により手元のお金が全く無い状態と言われています。

もし離婚しないで結婚生活を継続するとなると、借金の返済は元より日々の生活にも困窮することになります。

そのため、水原一平さんの奥さまも何らかの形で働いていくことになるでしょう。

水原一平の嫁の仕事は?

水原一平さん

水原一平さんの奥さまは仕事をしなくてもゆったり生活できる環境にあり、専業主婦だった可能性があります。

水原一平さんは通訳として働いていた当時、年間で30万ドル~50万ドル(4500~7500万円)稼いでいた?と言われています。

米メディアESPNによると、水原氏は年間30万ドルから50万ドル(約4500万円から7500万円)の報酬を得ていたという。

smart FLASH

また、収入源は球団からの給料以外に大谷翔平選手との個人契約があり、それらを入れると億以上だった?という噂まで。

水原一平さん

大谷翔平選手のプライベートまで支えていたことで水原一平さんも多忙だったと思われるので、そんな夫を支えるために仕事をしたくても出来なかったかもしれません。

今後もしアメリカで仕事をしていくとなると、日本の資格(看護師、弁護士)などはそのままでは使えませんし、TOEICなど語学系の点数は高いのが当然の環境です。

就労ビザのことも考えていかなければならず、生活が一変します。

水原一平の現在はUber配達員

水原一平さん

2024年6月7日、水原一平さんがロサンゼルス周辺でUberEatsの配達員として働いている姿の目撃情報が米ニューヨーク・ポスト紙により報道されました。

【2024年6月8日追記】
水原一平さんが「係争中のため配達禁止」として配達員をクビになっています。
実は数年前から配達員として働いていた事実も発覚しました。

大谷翔平選手の資金を使い込み26億円もの負債を作った水原一平さんですが、仮に自己破産をしても返済義務は免れません。

そのため、26億円を地道に返済していく必要があります。

カリフォルニアのUber配達員の時給は最低20ドル?

水原一平さんは、果たして返済できる見込みがあるのか懸念されます。

そこで気になるのが時給がいくらなのか?

ロサンゼルスがあるカリフォルニア州の最低賃金が20ドル(2024年4月1日時点)で、1ドル150円とすると3,000円となります。

水原一平は借金返済できる?

水原一平さんと奥さま

水原一平さんは借金を返済していけるのでしょうか?

結論、UberEats配達員だけでは返済は無理でしょう。

もっと時給が良い仕事に就く、奥さまにも働いてもらう、宝くじに当たるなど、何らかの収入源を追加しないととても返済できません。

UberEats配達員の時給20ドル(3,000円)の仕事を1日8時間・365日行ったと仮定すると、1年間で5.84万ドル(876万円)得られます。

ロサンゼルスの生活費は高く、アメリカの中でもトップ10に入るほど!

夫婦2人で1ヶ月で大体4000ドル(60万円)とすると、1年間で得られる金額は

5,84万ドル – 4,000ドル*12ヶ月 = 1.04万ドル(156万円)

ここから税金や諸々かかると思われるので、手元にはほとんど残りません

社長として会社経営していても26億円の借金返済は厳しいものがありますし、現在の生活を続けていくだけでは大谷翔平選手の資金が元通りになることは難しそうです。

まとめ

水原一平さんの奥さまが今後どうなるかを見てまいりました。

26億円という数字を見ると途方もない気持ちになります。

奥さまからすると寝耳に水だったでしょうし、どうにか夫からの被害を最小限にして穏やかな生活を送っていただきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

error: Content is protected !!